【原発のこと】

わが家は、築36年のエレベーターなしリフォーム歴なしマンションの4階。
2人の子育てに没頭するかたわら趣味である片づけの情報を発信しています。

ゆずのくらし 整理収納アドバイザー石井奈緒美です。

最近息子がわが家の4Fまで、なかなか自力で登ってくれず
重い荷物を抱えているときなど、どうしたものかと頭を抱えております。

じゃんけんの概念がまだ分からない息子に、じゃんけんゲームをもちかけ
買ったら前に進めるよ〜さ〜やってみよ〜!
と気分をのせてみたり。

経ってみると、1Fから4Fまで11分もかかっていました。
ふう。
b0315362_07015160.jpg
6日、放射性物質の勉強会へ行ってきました。

6年が経った今(震災から)随分とわたしは放射能について無頓着になっていました。
関わりがなくなったわけでもないのに。

まだ放射能は出続けています。
その処理にまだ、どうしていこうか、解決策さえも決まっていないのです。

今の現状を、お話し聞いてきましたので
ご興味のある方は、覚悟して読み進めてください。

当時わたしも分かっていたはずのシーベルトとベクトル
違いわかりますか?
シーベルト=放射性物質の概念
ベクレル=放射性物質の量(1秒1カウント放射能が突き抜ける量を1ベクレルというそうです)

震災前は、100ベクレル/1kgあるモノは危険とみなされ、クリーンセンターでも
厳重な措置(囲って管理)をされていたのが
震災後、人間の勝手な都合で8000ベクレル/1kgまでOKになり
それらは、通常の廃棄物として扱ってよいこととされました。
しかも、普通のゴミと混焼です。

そして焼却された灰は自治体の最終処分場で埋め立てられます。
焼却処理を軸にしながら、堆肥化や土やコンクリートに混ぜたり
いちばん怖かったのがフライパンの製造に使用する 
とおっしゃっていて、どうしてこんな考えが出てくるか不思議でなりません。
それで調理して内部被ばく大丈夫なの〜?
昨日の新聞で、国内最悪の2万2000ベクレルでたよー。
全面マスクしなくちゃだめだよって怒られてるけど、怒るとこそこー?みたいな。


電子力発電所は、なくても電気は足りています。
現在、日本で稼働している場所は2箇所しかありません。

なぜ国は、そんなにも原子力に依存するのでしょうか。

チェルノブイリだって、30年たった今でも、その土地に人は住んでいません。
(居たいといって住む住民は実際います)

でも、飯館村の村長は、「安全だよ、かえっておいで〜」
と言っています。
一方村長選の反対候補「安全?安全なはずないじゃないいか。戻るな、住民よ!」
といった佐藤八郎さんは、経験からの周知が間に合わず票があと一歩及びませんでした。

放射性物質のセシウムというものも、30年かけてやっと半減です。
30年経っても出続けています。


お話しでは元気だった馬も、この5年で40頭が無くなったそうです。
ホットスポットと言われる場所(馬たちは風よけで木の下に集まるそうです)
にいたため、若くして5歳の馬も無くなりました。異例だそうです。そりゃそうだ。

解剖して調べても、「わかりませんでした」という
結果だそうです。(40頭も死んでいてなんで分からないなんでいうの?)


甲状腺がん、血液のがん、心臓、糖尿病
至る所で、数値に結果がでているのに

国が甲状腺検査から手をひこうとしているのはなぜ?

国がやらないから民間がやっています。


影響がくるのは一番は子どもです。
その子どもに、「20ミリシーベルトまでの地域にはいてOK」という国の考えがよくわからない。
チェルノブイリは「5ミリシーベルトで避難してください」です。

なんで?

わたしたちにできることってなんだろう?

知ること。
国民みんなが知ることだと思います。真実を。
知るべきだと思います。
じゃないと…じゃないと…

いつか、飯館村の村長さんをゲストに招いてお話しを伺いたいな。


7月1日に、原発とめようウォーク というイベントがあります。
飯能南口に16時に集まって!1時間ばかしのコースを練り歩くそうです。
何年か前からしていて、浴衣をきてくるお子様も多いとのことで、
散歩がてらに行きませんか。
まずは、第一歩から。

わたしも行きたいけど2歳の子がいるので
途中参加、途中退出かな〜。

b0315362_07021472.jpg
    



by buki-yome | 2017-06-09 06:56 | Comments(0)

お寺の人と結婚し、禅を感じながら心豊かに過ごすシンプルライフのブログです。


by buki-yome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30